2012年02月29日

【Gadget】スマートフォンがカーナビを再定義する

MirrorLink.jpg

■価格バランスが悪すぎるカーナビ

スマートフォン、特にiPhoneがハードもOSも毎年毎年、着実に進化を遂げている状況で、既存のカーナビは、購入してから車を手放す迄の10年間も同じハード・同じOSであるにも関わらず「20,30万円以上でかつ地図更新は有料」というビジネスモデルはどうみても破綻してる。高級車を除けば、カーナビは今すぐにでもスマートフォンに乗っ取られるだろうね。

そもそも、100〜150万円の軽自動車に20万円のカーナビって、どう考えても価格バランスがおかしいよ。

クルマの装備として期待しているのは「モニタ(6〜7インチ)」と「センサ値」(車速センサとかジャイロとか)だけ。あとは何も期待してない。仕事はスマホが勝手にやるから「手足だけ貸してよ」ってこと。

■クルマメーカがやろうとしていること

クルマメーカは「このままでは全てスマートフォンに乗っ取られる」という危機感からか、「(自前でどうにかするための)新しい仕組み」を模索しているようだ。ただし、UIの作り込み・クラウドサービスと端末(車載器)との連携などの分野において、AppleやGoogleと同等の「おもてなし」をクルマメーカは実現することができるだろうか?

■車載器メーカがやろうとしていること

(カーナビ専業でやってきた)車載器メーカは、スマートフォン依存型のナビゲーションを模索、製品投入を検討しているようだ。アルパインが、標準化団体が策定した仕様「MirrorLink」を昨年末から欧州に投入、今年春以降に米国で展開予定。仕組みはリモートデスクトップのようなもの。カーナビとスマートフォンはUSB(制御信号)やBluetooth(音声)で接続して、カーナビは画面出力と操作性(タッチパネル)を担い、スマートフォンを操作するという仕組み。

リモートコントロールのブログラム部分はVNCを使っているらしい。VNCを使うことがベストソリューションかどうかは別にして、仕組みとしてはこれで良いと思う。この方法なら、対応できるスマートフォンもアプリ次第で(いくらでも)広がるわけだし。カーナビが毎年毎年アップデートすることなんて期待してないし、できないし。だから、比重は圧倒的にスマートフォンに置くべきだと思う。

とにかく余計な事をしないでいいから、スマートフォンの画面を(限りなく)そのままモニタに出して欲しいんだよね。

■クルマメーカがやるべきこと

クルマメーカがこれからやるべきなのは端末(デバイス)へのこだわりを捨てて、クラウドによるユーザ情報の収集及び「走る楽しみ」への応用・提案だと思う。ハード事業から、ソフトウエア(アプリ)やサービス事業への構造改革が必要だろう。

「端末(ハード)だけでは食っていけない時代が来た」という意味では家電やPC、スマートフォンと全く同じだ。

□参考
▼「日経エレクトロニクス(2012.2.20)”スマートフォンが迫るカーナビ再定義”」:「MirrorLink」関連情報の一部引用
カーAVプレス-クルマ・音楽・旅・カーナビ・カーオーディオの情報満載: 世界初!MirrorLink認定ディスプレイオーディオ
Car Watch 【2012 International CES】開発移行が容易なNVIDIAの車載向け「Tegra 3」システム
posted by Sakak at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

【Blog】ブログを読んでもらうために効果的な3つの手段

nottv2.jpg

私が書いたブログ(Sakak's Blog)のアクセス数が、2010年8月に開始以来の最高アクセスを記録(2日間の訪問者数が7,000超、ページビューが12,000超)。通常の日々のアクセス数の15倍以上。Tweetも100件以上。ある意味「爆発」的に。

しかも、たった数時間のうちに。しかも、3か月ほど前に書いた、ある特定の記事が今になって。

なぜそんなことが起きたのか。

逆にいえば、その「なぜ」を読むことで、ブログを読んでもらえる「何か」を見つけることができるかも。

■起きたことを時系列に並べてみる

その記事はこちら。
【Gadget】NOTTVが始まる前から終わっている3つの理由

たぶん、時系列的にはこういうことではないか、と。

01.2011年11月にNOTTVの発表。当日の夜にブログをエントリーする。
02.そこから3か月が経過。
03.2011年2月16日、NOTTV対応機種の発表が行われる。
04.「NOTTVって何だこれ?」と思ったユーザが、ググる。
05.「挑戦的なタイトルのブログ名」が目に入ったので、見てみる。
06.気に入ってくれた人が「はてブ」エントリ。
07.「はてブ」のアクセスが上がる。
08.「はてブ」のbotがツイートする。
09."07"と"08"の効果により、Twiterで拡散が始まる。
10.ブログアクセス数増、Twitterフォロワー数増で、やっと本人気づく。
11.現在に至る。

この件を通じて学んだ、ブログを読んでもらうための3つの手段をまとめると、以下。

■手段1.タイミング

3か月前ではなく、なぜ、このタイミングでの「爆発」だったのか。2011年11月の発表よりも、2012年2月16日のイベントが、より世間に認知されたものだったからだろうか。4月1日のサービス開始直前の発表会であり、対応機種も具体的に決まったため、それなりに注目されたニュースだったから。そのタイミングで、解説済みのブログ記事がちょうどよかった、ということなのか。

タイミングと同時に「スピード感」も必要かと思う。2012年2月16日のイベント終了後、その日の夜に記事を書いていても遅かっただろう。イベントをネットで生で見ていた人が、イベント直後に情報を求めた可能性がある。私が既に3か月前に記事を書き終えていたため、そのタイミングに合った、ということか。

ブログの最大の特徴は「残る」ということ。TwitterやSNSの投稿のように時間とともに流れていく賞味期限付データではなく、半永久的に残る。残るがゆえに、ブログのエントリを続けていれば「そのタイミングが来た時」に(本人不在のまま)爆発する。

■手段2.はてブ(はてなブックマーク)

世の中にデジタル記事が氾濫する時代になった時、「ホットエントリー」を見たいというニーズってより高くなっていると思う。ネット上の記事もしかり、動画データもかり、楽曲データもしかり。多くの人が閲覧しているっていうフィルタがうれしいっていうか。

「誰か」が紹介しているデータ、というのも一つの魅力で、それはSNSやTwitterで入手できるのだけど、コンテンツの注目度ランキングという指標は、これはこれでアリ。こういうサイトはこれからも人気だろうし、スマートTVが登場した時に、「TV番組データのホットエントリー機能」はマストだと思う。

今回の爆発の最大の貢献者は「はてブ」だったと思う。ここのホットエントリーに載ったことのインパクトが非常に大きかったのは間違いない。

■手段3.Twitter

短時間で、圧倒的なスピードで広がっていく様は圧巻。他のサービスには無い。残念ながら、未だに代替えできるサービスがない。Google+がTwitterの機能を包含しているとも言えるのだけど、よりシンプルなTwitterのほうが伝播力としては上回っていると感じる。

それと「はてブ」との相性もいい。Tweetボタンが装備されていて、簡単にリンクを飛ばせるんだよね。コメント付きで。

昨夜、Twitter公式サイトで、検索キーワードをいれて、自分のブログに関するコメントを読んでいたのだけど(たぶん100件以上のTweetがある!)、今だかつてブログにそんな数のコメントが付いたことがないし、そういうことも考えると感慨深いものがあった。

そう考えていくと、Twitterはブログサービスとの相性もいい。

つまり、Twitterは、他のサービスとの連携して使う時に非常に威力を発揮しやすい。

■まとめ

特に面白かったのは、ある一線を越えた時「はてブ」と「Twitter」が(私の意思とは関係なく)互いにやりとりをしながら一気に駆け上がっていくんだよね。その感覚は、パチンコで「かかった」時と同じ状況かな?その状態になると、人が人を呼ぶみたいなモードに入る。面白い。

「はてブ」のホットエントリーに載せる秘策というわけではなく。むしろ逆で「それでも何が当たるかはわからない」が本音。爆発したこの記事にしても、私の中では、過去に書いた記事の一つに過ぎないし、とりたてて苦労したわけでもなく、練に練ったわけでもなく。3か月が経過しているので、見返してみると、書き直したい箇所も見つけたりするくらいなレベル。それが今回、当たった(爆発した)わけで。

自分の信念を曲げずに、思ったことを綴っていく、という、ただそれだけのことだと思う。ただ、この3つの手段は、少しだけ頭に入れておくとイイかも。
posted by Sakak at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

【Gadget】技術ありきのモノ作りは終わった

1tv.jpg

■TVがなくても復活できる、むしろいったん忘れたほうが良い

「テレビの復活なくして、ソニーの復活なし」とストリンガー氏が宣言した後、テレビ事業は8期連続7300億円の大赤字を生み出した。

むしろ私は「ソニーはTVはもう作りません」と言った方がプラスに働くとさえ思う。従来型のTVはどこが作ったって同じなんだからさっさとやめれば良い。そして「TVはやめる」宣言と同時に、SONYの持つすべてのプロダクトをシンプルに束ねるプラットフォーム及びSONYのビジョンを発表する。

クラウドであったり、アプリ、サービスのほうに重点がおかれる時代にきているわけで、そちらを先に訴求しないで「TVがTVが」って聞かされても、誰も何も感じないよ。

例えば、クラウドに直結しているPS3の進化版みたいなプロダクトが出てきて、そいつが放送波をキャッチでき、かつ、動画をクラウドやローカルディスクなどからかき集めて再生できる機能を持たせられたら、TVの役目は、それで良いわけじゃん。大画面のパネル(モニタ)だけを部屋の広さに合わせて買ってもらえば良いじゃん。

先日のクローズアップ現代で、どこかの大学教授(元SONY)が「日本メーカーがTVから撤退するということは家庭という市場から撤退することを意味する。やめられない。」的なことを言っていたが、私は全く賛同できない。

■日本の電機メーカーがTVにこだわる理由

たぶんTVにこだわる理由は、製品開発のスタイルが、20世紀と今とで変わってきたのに、それが本当の意味でわかっていないから、なのかもしれない。日本のTVメーカーって、悪い意味で、技術開発ありき。「こんな技術を開発した」「こんなパネルを開発した」「厚みを1cmにできた、5mmにできた」「よし、これを発売しよう!」という感じのモノ作り。

iPhoneが、Appleが、そういうモノ作りの手法を良い意味でぶち壊して示してくれた。TVの厚みやパネルのスペックなんか、誰も見てない。そうじゃない。

どんな風にTVを使えれば、生活が豊かになるのか、若い人はどういう場所でTVを見て、番組を視聴して、それをどのようにシェアしているのか?どういうライフスタイルを送っているのか。それらを徹底的に詰めたうえで、必要な製品をシンプルにデザインする。そして、最後に、そのデザインのなかで、実現する要素技術を当てはめていく。無いものであれば開発したりしていく。

AppleがTVを再定義すると言っている意味は、見た目のカッコイイTVという意味ではないことは容易に想像できるし、モノ作りのスタイルを変えなければならない日本のメーカーは、組織構造の見直し、命令系統の見直し、権限を技術の知らないおっさんから、技術者に委譲したり、そういうことを早急にやらない限り、TVに限らず、日本の電機メーカーの、とくに家電部門の未来は厳しいと言わざるをえない。

■地デジという施策が本当に良かったのか?

そもそも「地デジ」という施策が、我々を豊かにするものだったのかと言われると大きな疑問。それよりネットで自由に番組データをやりとりできたほうがきっとメリットは大きかったはず。

いろいろ考えていくと、「既存のTV(放送波を受け流すだけの受像機)」の役目というのは、もう、それほど大きくない。そんなものに、大きなお金は出せない。たまたまエコポイントがあったり地デジにしろっていう話だから、買い換えただけで、もう、地デジ以降以前に、TV神話的なものは思わっていた。

そのへんを日本の電機メーカーは完全に読み違えたと思う。お粗末過ぎる。それでも懲りずに、3Dテレビに走っているのを見て、もう笑うしかなかった。あんなもの、やる前から一般視聴者には必要がないことくらい、誰が見ても気づきそうなのに。

技術ありきのモノ作りを脱却できない日本の電機メーカーは、今、苦境に立たされている。
posted by Sakak at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

【Gadget】次世代TVはソーシャルTVと言うべき3つの機能を持つ

samsungTV.jpg
次世代TVは「スマートTV」と言うよりも「ソーシャルTV」と言うべきものになると思う。高機能・高性能化ではなく「どのくらい自分にマッチした番組を表示してくれるか」が求められているTVだからだ。

では、どんな機能が必要なのか?

■1.ソーシャルサービスとの連携(Facebook/Google+/Twitter/mixi/...)

次世代TVは、各種SNSとの連携がマストだ。ネットで話題の番組、「友人」が視聴中・視聴予定・視聴済み、高評価だった番組、そういう番組情報をシェアし、活用できるTVになる。

■2.ユーザアカウント制御

次世代TVは、ユーザアカウント制御ができるようになる。制御できなければ個人にマッチしたTVは実現できない。いつまでも個人に特化できなかったので、既存のTVが魅力を失ったのだ。自分ひとりで見ている時と家族で見ている時とで、同じ画面で同じ番組が表示され続けるのには、もはや限界がきている。

■3.ソーシャルデータの解析により実現する視聴提案

次世代TVは、スマートフォンの画面を見た時「今夜、あなたの好きな○○という番組があります。」と提案してくれる機能がついている。出演者、ジャンル、監督、プロデューサー、脚本家、原作、あらゆる材料とソーシャル情報(個人の嗜好、ライフログ)を突き合わせて、ポップアップで提案する。そこで「視聴」ボタンを押せば、その場で予約完了。既に放送が終了していれば、すぐに視聴可能。

「どんな番組を見たのか」というログは、提案する際の材料として有効利用できる。また、録画したけど、見ないで消したのか、最後まで見たのか、なども大事な要素。アクティビティを、次の提案に生かす。そういうことは、従来のTVやレコーダーではできなかった。

■ビジネスをどう成り立たせるか?

機能としては上記だが、では、現実的に、どうビジネスとして成り立たせればいいのか。

現時点での一つの解は、SNSが核となるビジネスモデルかな。

もっともイメージのわきやすいのがFacebook。Facebookのアプリ上でTVを視聴する、というモデルだ。

・放送局側のメリット・・・
 広告がより広範囲にうてる、視聴者を正確にトレースできる
・Facebook側のメリット・・・
 情報が活発にシェアされる、誰が何を見たかという情報をgetできる

お互いが損をしない関係になれる。

TV番組を見るときは、Facebookの認証後に視聴することになる。マルチプラットフォーム対応。スマートフォンでもタブレットでも良い(もちろん外出先からでも)。FacebookのTV視聴アプリで閲覧する仕組み。

一例としてFacebookという名前を挙げたが、もちろん、Googleでも、同じことができるだろう。

■Appleはどうするのか?

Appleはどうするのだろうか?じつは、そこがよく見えない。Appleが2012年にもiTVを出す噂があるのだが、メジャーなSNSコンテンツを持っていないAppleがどう実現するのかが、わからない。

ビジネスとして成立させるためには、放送局側のメリットとApple側のメリットが必要だと思うから。

Appleは、iTV発売と同時に、iCloud上にTV視聴体験ソリューションを立ち上げて、そこに情報をどんどんためていくのだろう。だが、我々は日常的にはFacebookやGoogle+やTwitterを使って交流している。既に活性化している各種SNSの情報をAppleがどのくらい有効利用できるのか、有効利用させてもらえるのか、そこがカギになるだろう。

また、Appleはコンテンツ(中身)ではなく、デバイスを掴んでいるので、そのメリットを生かすとすれば、デバイス間の連携だろう。iPhone−iTVやiPad−iTVがシームレスに連携することで、新たなユーザ体験が生まれる可能性がある。そこは、1社で実現しているからAppleのほうがGoogleよりもアドバンテージがあるし、Facebookにいたっては手が出せない部分。

「我々は日常的にはFacebookやGoogle+やTwitterを使って交流している」と上で書いたが、そもそも、その交流に使っているデバイスはiPhoneだったりするわけだから、その情報をAppleがフックしてiTVと連携させちゃうというアプローチでも、面白いことになるかも。さすがに情報の内容までは関与できないだろうけど、デバイスを掴んでいる強みはどこかで生かせるはず。

AppleはAppleらしく、GoogleはGoogleらしく、もしかしたらFacebookも(?)、新しいTVを作り出すだろう。楽しみだ。
posted by Sakak at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

【Gadget】Ultrabookは誰が作っても同じ物ができる

tmo2012-01-1315-56-09gal_600.jpg
ソニーの13インチ VAIO Ultrabook プロトタイプ -- Engadget Japanese

■SONYがなかなか立ち上がれないワケ

PCについては、もう外観だけで唸らせることはできなくなった。必要なのは、奇抜なデザインが必要なのではなく、Appleとは違うデザインにすることでもない。全ての機器が繋がるプラットフォームを作り、具体的なビジョン・ブランドを打ちたて、UX(ユーザエクスペリエンス)を示すこと。

VAIOという名前をPCだけで使っている限りSONYはここから抜け出せない。SONYのタブレットやスマフォに対して、PC(VAIO)が、ユーザのイメージの中で完全に隔離されている。PC、スマフォ、タブレット、TV、ウオークマン、カメラに関しては「全て同じプラットフォームに乗っかってますよ」「連携してますよ」とユーザに思わせるイメージ作りが必要なのに。

SONYが立ち上がるために必要なのは、バラバラになった機器が連携して動く仕組み作り、物作りだ。

それができていないうちは、「このPCってMacbookAirに似てるよね?」とか言われて終わり。そもそもUltrabook規格のPCなんて、どこの誰が作ったってMacbookAirに似てくるに決まってる。外観や部品(CPUは同じintel)でオリジナリティを出すことなどできないし、OSは自社のものではないのだから台湾や韓国メーカーとの価格競争に巻き込まれるのは目に見えている。

Appleの強みは、全ての機器が連携できている使いやすさ、わかりやすさ、安心感。iCloudの登場で、そのレベルがさらに上がった。

■Windows8は救世主にはならない

そのあたり、ユーザーには完全に見透かされてるから、今の流れでいけば、Ultrabook規格のノートで成功する日本のメーカーなど、どこにもない。そうなると、Windows8に期待せざるを得ないのだろうが、正直に言って、先行きは暗い。intel版は見た目の変化は多少あっても、実質上、Windows7からの変化は少ない。新しく出てくるタブレット版(ARM版)はご祝儀相場で多少出るだろうが、iPad3の発売後でどこまで売れるかは未知数。

■日本のメーカーの今後

日本のメーカーは、このままでは大幅な事業転換を迫られることになる。「intel頼み」「Microsoft頼み」という体質から脱却して、手持ちの道具を連携してユーザーに「何をもたらすか」を考える直すべき。

日本のメーカーは、一つ一つのデバイスの性能はそこそこ良いものを持っているのに「まとめること」「連携すること」ができないから、「多少売れても儲けがでない」か「売れないし儲けもでないので廃業」という状態。

痛みを伴う構造改革が必要でしょうね。なんとか党みたいだけど。

以上。
posted by Sakak at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。