2012年01月29日

【車】カーエレクトロニクスの進化が止まって見える件

LEXUS_0022_600.jpg
navi_1_600.jpg

LEXUS > GS450h/GS350/GS250 > ナビゲーション・オーディオ
この、新型レクサスGSの、12.3インチワイドディスプレイの表示例を見たときに、なんていうか、車から興味がなくなっていく理由の1つを見たような気がした。

普段、iPhoneやiPadのUIやアプリやサービスに触れていて、進化の速さを日々体感しているわけだけど、それに比べて、カーエレクトロニクスの進化は止まっているように見える。

せっかく12.3インチというワイドなエリアを与えられたのに、なんだこの画面は。7インチで表示していたそれぞれの画面を、同時に表示しているだけじゃないか。ワイドで表示できるなら、ワイドで表示できることを生かしたアプリケーションなり、画面なりの表示ではないのか。

これで、価格はGS250が510万円〜、GS350が580万円〜、GS450hが700万円〜。

この画面で、この値段を出させて、そして10年も付き合えってか。。。

自動車本来の「動力性能」とか「セーフティー装置」とか、そういう部分は確実に進化しているように見えるのに、カーエレクトロニクスだけが、ものすごく遅れているように見える。というか、スマートフォンやタブレットの進化に全くついていけてない、という印象。

だったら、ついていく、ということではなくて、この12.3インチのスペースに、クラウドと直につながっているスマートフォンやタブレットを「はめこむ」という発想になぜいたらないのか、不思議でしょうがない。

得意の大人の事情か。カーナビゲーションを自分たちの手で作って売っていかないと、そこで利益を出せないから、か?スマートフォンで、GoogleMapでナビゲートをされてしまったら、何十万円もする高価なカーナビゲーションも誰も買わなくなるし、地図の更新で1万円以上のお金も取れなくなるもんね。そういうのが、もう完全に、今の時代の感覚、特に若い人達のそれとは合わなくなってきている。

方法はいくらでもある。車にDockをつけて、そこにスマートフォンを接続してフル機能を車のタッチパネルから扱えるようにするか、又は、車の中に、最初から埋め込んでおくかのいずれか。

こんな状態ではダメなことはたしか。ITと車の融合を拒んでいるようにしか見えないし、それは自分たちの利益を守るためにしか見えない。

□関連リンク
【Gadget】従来型のカーナビは間もなく消滅するだろう件 - Sakak's Gadget Blog
posted by Sakak at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。