2011年11月29日

【Gadget】NOTTVが始まる前から終わっている3つの理由

nottv_3_380.jpg

スマホ向け放送局“NOTTV(ノッティーヴィー)”の可能性
ドコモと民放が組むスマホ向け放送局「NOTTV」、月額420円で来年4月スタート

リード文引用:
ドコモや在京民放キー局らが組むスマートフォン向け放送局「NOTTV」は、独自番組や24時間ニュース放送を含む3チャンネルのリアルタイム放送と蓄積型放送を展開し、月額420円。ドコモが対応端末を発売し、初年度に100万加入を目指す。

■始まる前から終わっている理由1

端末を、専用のハードを搭載する国内専用のスマートフォンに限定しちゃった点。

本サービスは、7月に停波したアナログテレビのVHF帯を使う。通信を使えば、ハードウエアの制約が無くても使えるのに、放送波を使うことにより、ハードウエアに専用の機能が必要になる。よって、視聴する端末は、ドコモから発売される、国内専用のスマートフォンorタブレットということになる。

現在、スマートフォンで確実に儲けが出ているのは、AppleとGoogleと、Samsungだけだろう。Samsungだって、この先どうなるかという状況において、Googleの言いなりになって、右往左往する国内専用のスマートフォンなんて、もってあと1年、2年だろう。来年あたりから、海外製の格安モデルが次々に投入されてきたら、テレビやPCと同じように、国内専用の高価なスマートフォンは、ジ・エンド。そんな端末を、サービスを利用できる端末にってどういうことか?終わっている最大の理由、その1。

■始まる前から終わっている理由2

ニーズを読み誤っている点。ライブ感を求めているとか、完全に双方向だ、とか、SNSと連携だとか、ワードだけ並べているけど、まったく気持ちが伝わってこない。

mmbiの放送局名は「NOTTV」に、会場内で発表会開催 - ケータイ Watch

この記事にこんなことが書いてある。

引用:
mmbiの常務取締役である小牧次郎氏は、「スマートフォンは完全に立ち上がった。次はスマートTVだ。NOTTVは、通信機能のあるスマートフォン向け放送であり、最初から100%繋がっていて、SNSとの連携は当たり前、視聴者全員参加のクイズも可能になる」と述べた。

どこから突っ込んだらいいか、わからないくらい、ボケている。

はっきりいうと、スマートフォンが立ち上がったかどうかなんて、どうでもいいんだよ。我々にはどんなテレビが必要なのか、視聴者はどういう視聴スタイルを望んているのか、どうすれば、幸せで豊かなTVライフが過ごせるのか、そこの定義付けがまったく伝わってこない。だから、まったく賛同できないし、終わってる。

ジョブズがプレゼンで行う、最初の1ページ、2ページが完全に抜けていて、突然、最後のページだけ見せられて、「お前らこういうのが好きだよな?」ってまったく賛同できないものを押し付けられた感じ。

今、我々が求めているテレビって、もう、決まってるんだよね。テレビのプラットフォーム化なんだよ。そこに向かうしかないの。App Storeのように、プラットフォーム化し、全ての番組が横断的に、番組単位、シリーズ単位で、1クリックで決済できる仕組みだよ。家にいれば、TVで見るし、外で見るなら、iPhoneやスマートフォン、タブレットで見る。そうに決まってるでしょ?そういうプラットフォーム作りを、全く無視して、勝手にこんな、悪あがきみたいなことをしたって、うまくいくわけないでしょ?終わっている理由、その2。

■始まる前から終わっている理由3

発想の出発点がおかしい点。

そもそも、このサービスに関わる登場人物が悪すぎるよね。テレビをつまらなくした張本人の「民放テレビ局」と、国内メーカの端末及びi-modeにこだわり過ぎて迷走中の「ドコモ」。トレンドを読めてないこの2社が、ワクワクするようなものを出してくるとはとても思えない。その前にやることがあるだろう、と言いたい。

どう考えても、このサービスは、発想の出発点がおかしい。どこにも書いていないけど、たぶん、「アナログ停波で空いたスペースをどう使おうか?」っていうところが発想の出発点なんだよ。自分たちにとっての利益優先の発想。「こんなテレビがあったら、楽しいよね!」っていう、我々目線からのスタートでは、絶対にないの。それが、もう、バレバレ。終わっている理由、その3。

■最後に

放送波に空きスペースがあるなら、通信回線を延長させる目的に使うとか、そういうことこそが、本来やるべきことなんじゃないかな。3Gから4G回線への移行が遅れていて、3Gがパンクしそうな時期だしさ。なんか、放送局が全面に出てくると、突然、胡散臭くなるので、みなさん、お気をつけて。

■おまけ

Nottv_2_380.jpg
こんなのゆっくりやっているうちに、終わりそう。

sk_nottv_02_380.jpg
チャレンジャーのみなさん。失敗しても責任は現場へ。

ドコモ子会社のマルチメディア放送に11社が出資--資本金は約500億円に - CNET Japan
既得権益を守りたい人達、全員集合状態。放送局、広告代理店、国内のスマートフォンを作る電機メーカー、そしてドコモ。みんないるじゃん。「iTVに立ち向かえ!エイエイオー!」ってやってそう。

以上。
posted by Sakak at 22:34| Comment(0) | TrackBack(1) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237777486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

docomoの NOTTV (モバキャス) 端末(SH-06D)をモニターしてがっかりした話
Excerpt: 始まる前から酷評だらけのモバキャスですが、 【Gadget】NOTTVが始まる前から終わっている3つの理由: Sakak’s Blog NOTTVの普及はむずかしい : アゴラ &#821..
Weblog: tdtshのブログ
Tracked: 2012-04-13 06:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。