2011年11月24日

【SNS】ガラケーを根こそぎスマートフォン化させる唯一の秘策とは

Facebookとmixiはいまや全く違う土俵のSNSになっていた。/More Access,More Fun!

<この記事からわかる事実>
・mixiのアクティブユーザー数はまだfacebookの3倍以上いる
・mixiの総ページビューのうち、PCからは13.7%しかいない。つまり今や、mixiはほぼガラケーのSNSになっていた

mixiの将来に明るい材料は無いものの、現在使っている人達にとって、mixiを辞めて他に移る動機がない。そもそも、mixiの受け皿になるサービスがない。まさか、「パソコンがmixi専用機」になってる奥様達に、Google+/Facebookが受け入れられるとはとても思えない。

彼女達にとって、システムがクールでUIが優れているとか、関係ない。サークルだのフォローだの、そんなもん彼女達には関係ない。マイミクか他人かそれだけの世界。今の使い方から少しでも変化があると文句は言う。ただ、それだけ。

日本が「mixiを作ってしまった事」と「ガラケーを広めてしまった事」とは、一体化してる気がするね。グローバルな流れに遅れた一員だと思う。良いか悪いかは別で。

■mixiユーザーがスマートフォンを必要としない理由

スマートフォンへの機種変更が右肩上がりに進んでいるというが、私はどこかで頭打ちになるのではないかと思ってる。なぜなら彼女達は、mixiを使うためにガラケーを持っているわけで、それ以上の事を求めていないんだから。

「後からアプリも追加できます」っていう我々には殺し文句に相当するものが、彼女達には「最初から使えるようになってないの?面倒」となる。「タッチパネルでサクサク動くし」と言ってみたところで「タッチパネル?テンキーのボタンでめっちゃ早く打てるから要らない」となる。

それくらいの感覚の違いがある。ガラケーを手放したくない理由があるわけではない。スマートフォンを必要とする理由がないのだ。

つまり、mixiがサービスを終了するか、ガラケーの部品供給が止まって利用停止などという強行策を取らない限り、スマートフォンの使用率の大勢は(ある一定以上は)動かない、と思う。

そう思っていた。しかし、秘策が1つだけ、ある。スマートフォンに彼女たちが必要とする理由を作るのだ。

ガラケーを根こそぎスマートフォン化させる唯一の秘策

それは、mixiに最適化されたスマートフォン、mixiフォンの投入だ。

tumblr_ld3zuhYl0V1qz4ewfo1_500.jpg

<コンセプト>
・OSのレベルまで手を加えた、mixiサービスに最適化されたスマートフォン
・デバイスとクラウドが連係して高速化を実現
・ユーザ毎のアクティビティをHadoopを使って解析し、先読み処理でサクサク動く
・mixiフォン専用サービス(無料ビデオ・音声通話、複数人対応)
・OSはAndroidでいいや。

スマートフォンの売上を伸ばしたい通信キャリアと電機メーカーの思惑と、完全に一致。また、FacebookやGoogle+の登場により、Geekに完全に見放されて「終わった」とまで称されているmixiが、最後に一旗上げるチャンス到来!

mixiユーザーは、行くしかないでしょ。私はもちろん買いませんが(苦笑)。
posted by Sakak at 18:46| Comment(2) | TrackBack(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の友人を見渡してみると、確かにmixiのヘビーユーザーほど、ガラケーを使ってる割合が多い気がします。

逆にスマホのmixiはコメント返しが見づらかったり、イイネボタンを間違って押してしまうなど、評判は悪いです^^;
スマホを持ってしまうと、ガラケーに戻りたいと思わないですねwタッチパネルに慣れたし、ネットですぐ検索出来るし、写真綺麗に撮れるし☆
(そして、このことはmixiからG+に関しても同じです^^)
mixiフォン、良いアイデアだと思います。G+とchromeのようなもので、SNSとそれを動作させる環境の関係は大事ですから…
ま、私も買わないですがw
Posted by Alice at 2011年12月15日 20:40
Aliceさん、コメントありがとうございます。

スマホのmixiは使いにくそうですね。最適化されていないようです、私も使ったことがあります。いくつか無料アプリを使いましたが、どれもぱっとしなかったというか。ユーザーニーズがスマホにあまり無いのかもしれませんね。

今後とも、お友達の状況など、お聞かせください。若い人達のトレンドなど、教えていただけると、刺激になりますので。
Posted by Sakak at 2011年12月15日 23:51

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。