2011年05月12日

【ガジェット】スマートフォンによるTV視聴ソリューション(VULKANO FLOW)がスゴイ

ガジェット、スマートフォン好きには見逃せないニュースが飛び込んできた。

挑戦者、iPhone/Androidで遠隔TV視聴できるアダプタ −無線LAN内蔵で、12,800円。レコーダ遠隔予約も(AV Watch)
spec_chart.jpg

アイ・オー・データ機器は、自宅のテレビチューナやレコーダの映像を、インターネット経由でiPhone/Android端末でも見られるストリーミングテレビアダプタ「VULKANO FLOW」(ボルカノフロー)を発売する。

サポート無し/無保証で低価格化を実現するアイ・オーの「挑戦者」ブランド商品として直販サイト「アイオープラザ」において販売し、出荷は5月17日を予定。直販価格は12,800円。

「VULKANO FLOW」は、自宅などに設置したテレビ/レコーダのチューナからの映像をインターネット経由で遠隔地に転送して、iPhone/iPadやAndroid端末、パソコンで見られる、米Monsoon Multimediaの製品。日本国内の規格認証やソフトウェアのカスタマイズは、アイオーデータが行なっている。

■何がすごいの?

端的に言うと、スマートフォンにワンセグなど要らなくなる(ガラスマで売りにしてるヤツ)。どこにいても(自宅のレコーダ経由で)TV放送及びTV録画データが見れるようになる。どこでも、っていうのは、例えば、海外に居ても、日本のTV放送が見れるわけだし、東京に本機を設置できれば、名古屋に居ながらにして、東京の番組が視聴できたり。

ストリーミング再生できるっていうのがいい。日本のクソな著作権保護のしかけ(CPRM、HDCP等)のため、従来、家電メーカが提案してきたのは、録画データをSDカードやCPRM対応のBlu-lay/DVDに保存して、それをPCに取り込んで再生とか?とにかく面倒だしやる気がでなかった。条件付きの媒体で、かつ、条件付きの環境で、というしばりが邪魔。

このVULKANO FLOWが提案しているソリューションが、それらの煩わしさを解き放つ。

■どんなしかけ?

公式サイトを見て、なんとなく理解したこと。

VULKANO FLOW(本機)とレコーダー(Blu-lay/HDDレコーダ)を汎用的なAVケーブルで接続。制御信号は、IRケーブル(リモコン信号)で接続。これにより、遠隔地から3GやWiFI経由で、チャンネルを変えたり、録画したデータを再生できたりする。

VULKANO FLOW にテレビチューナーなどのAV機器を接続する方法(Youtube動画)
VULKANO FLOW iPhoneの3G回線で見た時の映像(Youtube動画)

■さかけー的には、どうなの?買うの?

これから、この手の商品が次々に発売される可能性も?日本の家電メーカにとっては、独自に打ち立てた著作権保護ソリューションが中抜きされるわけだから、打撃だろうね。本機の作りは、見た目からするとたぶん台湾か中国製品では?値段も12,800円だし。それでも、十分に仕事はするはず。

最近、自宅に居てもTVを見る機会がめっきり減ったので、実際のところ、今すぐに!ということもないのだけれど、安いし、新しいソリューションだし、確実にこれから「来る」し、手を出そうか迷いどころ。

一番やりたいのは、東京に親戚がいるので、そこの家に設置してもらって、名古屋に居ながらにして東京の番組がみたいですね。例えば、東京MXの5時に夢中とか。その他、ニュースや大きな事件が起きた時、関東ローカルではどのような取り上げ方をしているかを、名古屋と比較したりしてみたい。

なお、参考リンク(ITmediaニュース)にあるとおり「まねきTV」裁判の結果等から、この手の商品は法律でグレーなので日本メーカーが正式に手を出すことは難しい状況だった。今回、アイ・オー・データ(挑戦者ブランド)からこのような形で発売されたことは歓迎すべきことだし、まさに、挑戦者だと思う。

非常に興味をもっているところ。要チェックです。

□参考リンク
【公式サイト】ioPLAZA:iPhone、iPad、Android対応ストリーミングTVアダプター VULKANO FLOW
1対1通信のロケフリは「自動公衆送信装置」になりうるか 「まねきTV」最高裁判決の内容(ITmediaニュース)
ロケーションフリー(Wikpedia)
「VULKANO FLOW」(ボルカノフロー)画質(美貌録(備忘録))
VULKANO PLATIUM届いた〜(ひまつぶしBlog 2nd Stage)
posted by Sakak at 22:14| Comment(6) | TrackBack(1) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の方に指摘してあるとおり法的にはアウトでしょうね。東京の番組を3G回線とかにのっけって名古屋で見るとかそれこそ完全にアウトでしょう…

あと機器とかに関してもある程度詳しい人とかならともかく、一般の人にとっては面倒だと思います…
なんで仮に法的に問題ないとしてもあまり普及しないと思います。

やっぱり一番手っ取り早いのは、ネット上にupしてオンデマンドで見れるようにするのがいいと思うんですよね。やろうと思えば簡単にできるんですから。
とりあえずyoutubeなんかにチャンネルつくってストリーミングからでもいいんですよ。それなら今までの広告モデルも崩れないと思うし。
まぁ期待してもやらないんでしょうけどね…
Posted by satorukaji at 2011年05月12日 23:39
さかけーです。satorukajiさんいつもありがとうございます。

「法的にアウトなはずでは?」と最初に見たとき思ったのですが、なぜか、大々的に出てきたので、今後の動向が気になっています。買ったはいいけど、サービスが停止になったりしたら残念過ぎるし。

デジタルチューナーのPT2(著作権保護かからないヤツ)のようなたぐいかと思ったのですが、IO-DATAが丁寧に解説を出しているので、販売には、かなり自信があるみたい。

たぶんですけど、(IO-DATA的には)ぎりぎりのところを突いている自信かな。「東京にある会社に機械を置いてもらって、名古屋の自宅で再生して見る」のは裁判の判例でもアウトになってるんだけど「東京に実家があって(←業者を使わない)そこに機械を設置して、それを名古屋の自宅で見る」とした場合はOKとしたいのでしょう。遠隔地が自宅扱いなら、いいということでしょうか。ただ、IO-DATAが遠隔地設置サービスも有料でやろうとしていて、あからさまに遠隔地への設置も提案しているようにみえますね。

satorukajiさんのおっしゃる、番組をオンデマンドで売るビジネスモデルを、もちろん誰もが望んでいます。それがいつまでたっても出てこない、そんな鬱屈した思いの反動が、こういう製品を生み出すのかな。

なんていうか、こういう動きが起爆剤の1つになって、今まで超えられなかった壁が少しづつ壊れていかないかな、と期待しています。

また、ご意見、聞かせてくださいね。いつもありがとうございます。(さかけー)
Posted by さかけー at 2011年05月13日 07:04
はじめましてです。
僕もこの商品気になり、
とりあえず、値段も安いので、ギャンブルで購入して、入荷待ちなんですが、僕的には、CATVのSTBに接続して、NOTE PCやスマホで、見たいのですが、このような事は、可能何ですかねえ?
I.Oの担当者に質問しても特定の機種での接続の確認はできないと言われました。
もし、解る範囲でいいので、
アドバイス貰えれば、助かります。よろしくお願いします。


Posted by yomiuri at 2011年05月18日 16:00
さかけーです。

yomiuriさん、初めまして。書き込みありがとうございます。

私も実機を購入したわけではないので、ネットの情報やIO-DATAに問い合わせた結果の回答くらいしかネタがありません。責任が持てませんがわかる範囲でお答えしますね。

STBから映像と音声信号がピン端子で出力できているのであれば、たぶんうまくいくような気がします。結論から言えばOKの可能性の方が高いと思います。

じつは、すごく原始的な方法で実現しているため、逆に、機器との相性で動作しません、みたいな事になりにくいのでは?

ただ、原始的な分、想像しているのとは少し違う面倒があるかもしれません。私の想像ですが、まずは、リモコン信号を、1つづつ、全て本機に記憶させる必要があります。チャンネルボタン、をはじめとする、再生するために必要なボタンを全て。

それから、屋外からスマホ経由でチャンネル操作などをしている場合、自宅内のSTBのチャンネルも変わります。家族で生活されている方の場合、その運用でだいじょうぶか?という問題がありますね。

問題があるなら、VULKANO FLOW用に別のTVチューナの用意が必要かも。

ご存じかどうかわかりませんが、10年以上前、まだ、BS放送がアナログだった時代がありました。TVチューナーに、BSアナログのチューナが搭載されているが、ビデオデッキには、BSチューナーがついてない、という環境の家庭が多かったはず。その時、どうやってビデオにBS番組を録画したか。コレが、VULKANO FLOWがやっている方法と同じなんです。

TVに搭載されているBSチューナーの信号を使って、ビデオデッキで録画する場合、実際に、TVからピンで出力される信号をビデオデッキの外部入力で受けて録画していました。チャンネル切り替え等の命令は、IR信号をビデオデッキからTV側に送り込むというやりかたで。事前に、ビデオデッキ側に、TVのリモコン信号を覚えさせていました。

まさに、これが、VULKANO FLOWで実現している原始的なやりかた、です。たぶん。

自宅と屋外で、排他利用である事が問題ないのであれば、OKの気がします。私のほうは、すぐに購入する予定がないのでぜひ、納品されましたら、使い勝手など感想をお待ちしています。(さかけー)
Posted by さかけー at 2011年05月18日 18:05
VULKANO FLOWもSLINGBOXも政府が決めたD端子の出力禁止があるから、今後は論外です。
Posted by at 2011年07月10日 22:45
さかけーです。

「D端子の出力禁止」は知りませんでしたがネットで見ると、たしかにそういう話があるようですね。知りませんでした。情報提供ありがとうございました。(さかけー)
Posted by さかけー at 2011年07月10日 23:53

この記事へのトラックバック

「VULKANO FLOW」(ボルカノフロー)画質
Excerpt:  「VULKANO FLOW」(ボルカノフロー)の設定をしてみた。ルータ(CTU)でポート解放が上手くいかず苦労したがチャンネル設定(リモコンを使ったチャンネルの登録)以外まではでき..
Weblog: 美貌録(備忘録)
Tracked: 2011-05-21 23:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。