2011年01月03日

グルーポンで買ったおせちが酷い件に思う

グルーポンで買ったおせちが酷い!まとめwiki

すでにご存じの方も多いと思いますが。500人の共同購入で21000円のおせちが10500円になった商品。届いてみたら、さんざんの内容(上記まとめサイトに写真あり)だった、という話。怒った購入者がネットに暴露し始めて大炎上。品数も33品と明記されていたものが25品程度だったという。クール便での配送でもなく。

この件で、販売元(バードカフェ)の社長のブログのコメントが出た。

一番ひっかかったのは、ここです。

この問題に至った経緯としまして広告掲載しました内容と比べてボリュームが足りないことと納品の遅れは、500セットの調理と詰め込みに予想以上の時間がかかり納品が遅れるという事態が発生してしまいました。出来ないと判断しキャンセルの依頼をするべきところを、出来ないものを無理に行ったことがこのような事態を招きました。

この問題のキモは、納品が遅れるという予測がついたとき、ありえない完成度(契約違反)のモノを出す、という判断を”誰がしたのか”、というところ。当然、現場のアルバイトの判断ではないでしょう。数が多すぎますし。

例えばですけど、自分がこの件の責任者だったら、どうします?たしかに、作業員として当て込んでいたアルバイトが全員、食中毒で突然キャンセルになってしまった、とか、そういうことは、起こりえなくもない。でも、そういう時は、500セットを200セットにするなり、100セットにするなり、すべてキャンセルするなり、選択肢があったし、そうするのが常識的な判断ですよね。

なんで、できるところまでやって許してもらおう的な、夏休みの宿題的な事になってしまったのか。許されるわけがない。飲食店として、料理を提供する立場としてのプライドってないんですかね?

(ここから私の推測)
グルーポンとの契約で、もしかすると、発送を全てキャンセルしてしまうと店(バードカフェ)側の負担で返金処理が発生するが、全て出荷後にお客からのクレームという理由で返金処理が発生した場合、グルーポンが負担する、とかいう契約になっていたから、中途半端に出荷したのか?

そのへんが本当だったら、それはそれで、最悪ですけどね。どっちにしても。

正月、まったりしたニュースしかない中で、この手のニュースはネット住人には大好物だったみたいですね(おせちだけにね〜)。
posted by Sakak at 13:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

[GROUPON考] 「グルーポン バードカフェおせち事件」の考察
Excerpt: Groupon Japanで発生した外食文化研究所運営のバードカフェによるおせち事件について、考察してみました。GROUPONに対する利用事業者の意識、グルーポンの営業部隊はきちんと事実を伝えていたの..
Weblog: 電網技術者覚書
Tracked: 2011-01-06 08:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。